セキュリティ輸送(SP)

セキュリティ輸送

輸送のセキュリティ対策万全ですか?

企業内における情報管理。ご承知のとおり、今やそのセキュリティ強化は、企業にとって最重要課題の一つとなっています。
個人情報保護法が施行されて以降、社内システムの安全管理に対しては意識が高まってきたものの、「輸送」についてはどうでしょう?
最高レベルのセキュリティ対策をとられていますか?

そして、2016年からはマイナンバー制度がスタートし、これまで以上に厳格な「安全管理措置」が求められるようになりました。
機密情報や個人情報の漏えいが大きな社会問題となっているように、万が一、輸送物が事故・盗難などに遭い、情報が流出する事態になれば、保障の問題、社会的な信用失墜など、企業が受けるダメージは計り知れません。
セキュリティに対する意識、対策が真に問われている時代なのです。

セキュリティ輸送

ASKセキュリティ輸送ならではの安全キー

大切な個人情報にかかわる機密書類、電子媒体、貴重品など。
アスクトランスポートは「パーフェクトな安全輸送」をお約束します。

混載なし。ダイレクトの輸送体制でリスク排除

アスクがセキュリティ輸送を行う車両は、すべてチャーター便。
様々な荷物が混ざり合う混載便では、仕分け作業などで多数の従業員が荷物に触れることになり、誤配や紛失のリスクにつながると考えるからです。
お客様から引き取ったお荷物は"そのまま"、チャーター便でダイレクトに最後まで輸送します。
専任ドライバー以外はお荷物に携わることがないため、集配経路でのリスクを大幅に減らすことができます。

「個人情報漏えい保険」すべての輸送に自動加入

全輸送に対して個人情報漏えい保険を付けていますので、万が一、個人情報漏えいが発生した場合、一つの事故に対して最大5億円まで補償いたします。
事故が起きた際の緊急措置に要する応急手当費用、法律上の損害賠償金、賠償責任にかかわる訴訟や弁護士費用、また、謝罪広告などにかかる費用についてもアスクが対応いたします。

仕様にこだわった専用の車両とBOX

セキュリティ車両(1t車/軽自動車)の荷室の両サイドは、ガラスではなく鉄板を使用。
また、運転席と荷室の鍵を完全分離化することで機密性・安全性を保持し、GPS機能や防犯警備装置も搭載しています。
そして安全度の高い4桁ダイヤル錠を装備した専用BOXも、より厳重なセキュリティ輸送に力を発揮しています。

※運転席・荷室別キー 及び 運転席・荷室仕切り板

セキュリティ1t車両です。運転室と貨物室が分れており、お預かりした貨物の機密性と安全性を高めております。

安心の証。4つのビジネスライセンス


アスクでは、情報保護対策・セキュリティシステムを強化するため、「プライバシーマーク」はもちろん、「ISO 9001・品質マネジメントシステム」「特定信書便事業」といった3つのライセンスを取得しています。
信頼できる業者選びもまた、リスク対策において重要な視点ではないでしょうか。


すべての「最適」にお応えするために

アスクの輸送サービスはお客様のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。
専属契約(常駐便)、お客様の支社、営業所間を指定時間どおりに巡回する社内メール便、あるいは必要な日、必要な時だけのチャーター便など、アスクのセキュリティ輸送は、お客様個別のニーズにお応えします。
また、従来の機密書類・データに加え、マイナンバー制度導入によって、個人番号の管理(源泉徴収票や雇用・健康保険などの各種届出)に負荷のかかる企業のバックオフィス支援にも力を入れており、あらゆる安心・安全に貢献したいと考えています。
既存のプランだけでなく、オリジナルの輸送方法もご提案いたしますので、まずはご相談ください。